木村𠀋彦

Takehiko Kimura

木村 𠀋彦 Takehiko Kimura
スマイルクローバー フラワーショップ 店主

美容師出身という異色のフローリスト。美容学校を卒業して原宿でスタイリストとして働いた後、生花店に転職。10年の勤務の後、2002年に世田谷区用賀に「スマイルクローバー フラワーショップ 」を開業。

「祖母と父の影響で花が好きになりました。実家の庭にはいろいろな木があり、花も咲いていました。おかげで花屋に転職した時には店にあった花の名前はほとんどわかりました。」

 

"It's all my grandmother and my father made me love flowers. There were various trees and blooming flowers in our garden. I didn't even have to look up the name of flowers when I started to work at the flower shop."

ピンクッションとモカラ

 

Pincushions and Mokara

店舗は東急田園都市線 用賀駅のすぐ近く。四葉のクローバーのロゴが目印。

 

His store is located near Yoga station of Tokyu Denentoshi line. Four-leaf clover logo is the sign.

お店の棚には木村さんの大好きなボンバルディアの飛行機模型が並ぶ。

 

His favorite Bombardier airplans line up on the store shelves.


「ブーケを作るときは、受け取った人から花がどう見えるのかを鏡で確認しながら作ります。」

 

"When I make a bouquet, I make sure how it looks from the one who will be given it by checking it in the mirror."

この日、店内には大きなドライフラワーがたくさん置かれていた。

 

There were plenty of large dry flowers in the store this day.


「花は仲卸から仕入れています。せりよりも割高ですが、手にとって確かめながら仕入れられるので安心です。

 

"I purchase flowers form intermediate wholesalers even though it costs me a little bit higher than getting at the market. I can check each flowers one by one and decide whether to buy or not and that make me more comfortable."

アルスコーポレーションのハサミとは長年の付き合い。

 

He has been using Ars Corporation's scissors for long time.

今回の撮影に合わせて制作いただたいiDチョキ。カーブして刃元に針金切りがついた「フラワーアレンジタイプ」のブレードを選択。

 

He selected courved blades Flower-arrange-type which come with a wire cut function.


スクールでフラワーアレンジメントを学んだことはないという木村さん。生花店に就職し、社長の技術を見て学んだという。

 

He has never taken a lesson of flower arrangements. What he’s got was from the store manager of the flower shop he worked for. "I learned all my techniques by watching his move".

店には大量のCDが持ち込まれ、好きな音楽を聞きながら仕事を進める。

 

Lots of favorite CDs are brought in the shop to play during the work.


「この包装紙が一番花が引き立ちます。他の色は用意していません。」

 

"This is the only wrapping paper I use bacause it makes flowers stand out most.”

「クラフトチョキは細い茎や細かい枝を分けるのにすごく便利です。」

“Craft Choki are vary good at cutting thin stems and fine branches.”

店舗での販売のほか、都内の店舗や会社を回り、現場でアレンジメントを行う「生け込み」を行っている。
「店舗の装飾では季節感と日持ちに気を使います。デザインに関しては、あまりイベント感を出すのが好きではなくて、普段の生活の中に自然に花が溶け込んでいる風景を作れたらいいなと思っています。」

 

 Other than his shop, he goes out for in-office and in-shop flower arrangements.   “I select seasonal flowers which last long for store and office decoration. I don't like too much seasonal event kind of design very much though.  I wish I could create a landscape with flowers blending naturally in the normal life."

愛用の道具 Favorite tools

*左:iDチョキ(グリップ:パステルピンク&レッド、ブレード:フラワーアレンジタイプ)、右:ガーデニング鋏 GC-130

Takehiko Kimura