服部 香

Kaori Hattori

Porte Bonheur(2016年J.D.Aコンテスト金賞作品)

「幸せの扉」という題名のこの作品は実在するパリのサロン・ド・テを参考に2年を費やし制作した。



Movie : ドールハウスのエッセンスを活かしたオリジナルソーイングボックス

服部 香    Kaori Hattori

ドールハウス作家

 

 木工、洋裁、パッチワーク、ミニチュア制作など様々な技術を駆使し、数ヶ月を要して創り上げるドールハウス。学生時代にデパートで見かけたドールハウスの小さなパーツを見て、いつか自分の手で作ってみたいと思っていた。結婚後、偶然友人から譲り受けたキットを作ったことをきっかけに、オリジナル作品の制作を始める。

2016年に「Porte Bonheur」でJ.D.A(日本ドールハウス協会)コンテンストで金賞受賞。2017年夏には初の個展となる「服部香 小さな小さな作品展」を軽井沢で開催。

私の住みたい家(2014年J.D.Aドールハウスコンテスト入選作品)
オリジナルハウス第1号。完成まで十数年改良を重ねた。



手芸店「針と糸」(2017年東京ドールハウスミニチュアショウ展示作品)

お一人様の時間

英国ハウス(2016年東京ドールハウスミニチュアショーポスター作品)

布を切ることが多いためiDチョキの刃はロングタイプを選択

フィギュアなどの小物も自作する。原型を作り、そこから作ったモールド(型)に樹脂粘土を詰める。


愛用の道具(*ハサミ左はiDチョキ

 

Favorite tools

Kaori Hattori