イワタマユミ

Mayumi Iwata

糸巻きボタン

イワタマユミ Mayumi Iwata
羊毛・フックドラグ作家

羊毛を使った作品を中心に制作。カラフルな糸巻きボタンはワークショップやイベントで大人気。手芸雑誌や書籍にも多くの作品を提供している。

 

Blog

Instagram

子供の頃から常に何かを作っていたというイワタさん。服飾系の大学を卒業してアパレル商社に就職。留学を経て結婚した後も、店舗販売用や友人から頼まれたバッグなどを作った。羊毛への興味をきっかけに、毛糸を布目から引っ張り上げながら作る「フックドラグ」と出会い、アクセサリーから敷物まで様々な作品を制作。15年前に作り始めた「糸巻きボタン」が話題となり、手芸誌への作品提供、販売、ワークショップ、企業とのコラボレーションなど多方面で活動中。

鳥をラフにリネンにフッキングした手提げ

フッキングした鶴を布に縫い付けてバッグに

ウェットフエルトで作った鳥のオブジェ


ミニマフラー

巾着型バッグ


熊のフックドラグブローチ

今回の撮影に合わせて作ったiDチョキ
「糸・毛糸・布、ストレスなく切れます。好きな色の組み合わせで作ってもらえるのでお気に入りです。」

毛糸を布目から引っ張り上げながら作る「フックドラグ」。アクセサリーやバッグから敷物まで様々なものを作ることができる。


アトリエでは相棒の「はと」がお出迎え。手芸本「かわいい どうぶつ刺繍」にはモデルとして登場している。

キリム補修用の糸はしをトルコから大量に送ってもらったものをつなぎ合わせてブランケットにし、猫ベッドに。


布バッグに糸巻きボタン

刺繍糸はフジックス社製を愛用。模様や色はその時の気分次第。無限に広がるデザインも「糸巻きボタン」の魅力。

プラスチック製のリングに刺繍糸を巻きつけながら作る。アクセサリーやバッグのボタン、ぬいぐるみの目など使い方は自由。


小さいポーチ

カラフルでブローチやアクセサリーなどにも使えるイワタさんの「糸巻きボタン」は大人気。多くの手芸本、手芸雑誌等に作品を提供している。


フックドラグ+糸巻きボタンブローチ

愛用の道具 Favorite tools

 *ハサミはiDチョキ(グリップ:ベージュ&レッド、ブレード:針金切り付きのハードカットタイプ)

Mayumi Iwata

 

 

Instagram