アヤクフル

ayakful

仕切り板で作るロゼット

アヤクフル ayakful
クラフト発明家

 

「簡単かわいくすぐできる」DIYのアイディアを日々提案し、YouTube動画で発信している。

 

YouTubeチャンネル

 HP

 

ライトグリーンとライトイエローのグリップで作ったiDChokiがトレードマークのクラフト系のユーチューバー ayakful(アヤクフル)さん彼女の動画の特徴は、誰でも簡単に作れる“作り方”を自ら発明して紹介していること。

動画視聴者の方には小中学生や、その年代のお子様をお持ちの主婦の方が多いので、身の回りの道具を使ってシンプルに作ることを心がけています。」

そしてそのアヤクフルさんの動画を見て多くの視聴者が自分でも作品を作ってくれていることにやりがいを感じている。

動画を見た方から「作ってみた!」などのコメントがいただけるのが嬉しいですね。自分なりの工夫を加えることで「やった!」という達成感(アヤクフルさんはこれを『脳ミソシワシワ体験』と呼んでいる)が生まれます。私の動画をきっかけに、たくさんの人に『脳ミソシワシワ体験』を味わってほしいと思います。」

Movie: 仕切り板で作るロゼット

専用の道具を使わず、簡単に手に入る物を使った作り方を発明するのが彼女の真骨頂。撮影では棚の仕切り板を使ったロゼットの作り方を紹介してくれた。
「この作り方を思いついた時に『これは全世界に知らせなければ!』と思ったのが動画配信を始めたきっかけなんです。」

動画を見た視聴者が自分でも作れるように、制作過程もできるだけシンプルにデザインされている。
「これからも動画をたくさん撮って色々なアイデアを紹介していきたいと思います。今後はワークショップもやりたいですね。」


彼女のトレードマークでもあるかわいいハサミはiDChoki。グリップカラーはライトグリーンとライトイエローをチョイス。ブレードにはayakfulの文字が刻印されている。

「作りたいものがたくさんあるので、作業にかける手間は最小限にしたいと常々考えています。そのために道具にはこだわっています。」

「このチョキに出会うまでは他のハサミを使っていましたが、数ヶ月で切れ味が悪くなったり、グリップが悪くなったりと、すぐにダメになっていました。チョキは切れ味が悪くならず使い続けられることと、グリップ部分が手にフィットして持ちやすく、作業がとてもはかどります。そして見た目がかわいいのもモチベーションアップになりますので大事なポイントですね。」


フルーツのシールを閉じ込めたレジンイヤリング

「部活モチーフシリーズ」チアリーディング部のユニフォームと、卓球部のラケット

自宅の一室をアトリエ兼撮影スタジオとして使用している。デザイン・制作から映像編集まで全てを自分でこなす。

あらゆるクラフト材料がいつでも取り出せるようにきれいに整頓されて保管されている。


ストロー×レジンで作ったビールイヤリングと、レジンのアイスバーイヤリング

100円ショップの材料とシールで作るイヤリング

愛用の道具

ハサミ(左):iDChioki(ライトグリーン・ライトイエロー) 、ハサミ(右)クラフトチョキプリザ(レッド)

 

Favorite tools